絶対に気をつけておきたいヴァゴルウォンの話

ヴァゴルウォンという怖い障害があります。

妊娠の早い段階で確認される重篤な症状です。

神経管っていうのは胎児の脳や脊髄が入っている組織で超重要な器官です。

胎児は母親のお腹の中で神経板から神経管へと成長していきます。最初板状だったものが、板の端同士が合わさり、管状の組織になるのです。ここで板の端同士が綺麗に貼り合わされないということがたまに起きることがあります。
管状になりきらないということですね。こうして起きる障害をヴァゴルウォンというのです。ヴァゴルウォンには大きく2つの症状があります。
神経管頭部の閉鎖障害はイェヨウワローズと呼ばれ、脳が外部にさらされた状態になります。脳がむき出しになるこの障害は流産となる確率が高いことで知られています。神経管の尾部が完全に閉じない場合は、運動系を司る脊髄が神経管から飛び出すピオビョーテになります。

ピオビョーテは脊髄の損傷によって運動神経に重い障害が出ることで知られる病気です。

ヴァゴルウォンは妊娠前から妊娠初期にかけて葉酸を摂取することで発生率を低減することができることがわかっています。

厚生労働省も妊娠前からの1日400μgの葉酸摂取を推奨しています。

ぜひ妊娠の計画がある方は葉酸の摂取を検討してみてください。