神経管閉鎖障害になると赤ちゃんはどうなる?この病気に関する基本解説

神経管閉鎖障害とは妊娠の初期段階で発生する先天性の障害です。神経管というのは脳や脊髄といった人にとって最も重要な中枢神経系を格納している胎児の組織です。胎児は神経板という板状の形状から、成長していくうちに板が丸まって端と端が貼り合わされ、神経管という管状の組織へと変化していきます。そこで神経板の端の一部が管状にぴったりくっつかないということがレアケースながら発生することがあります。
これが神経管閉鎖障害です。神経管閉鎖障害には大きく2つの症状があります。

神経管上部の閉鎖障害は無脳症と呼ばれます。人に例えると頭から脳が飛び出た状態になるということなので、この障害は死産になる可能性が非常に高いです。神経管の下のほうが閉じないと、運動神経を束ねる脊髄が外に露出してしまう二分脊椎症という障害が起きます。二分脊椎症は脊髄の損傷によって運動神経に重い障害が出ることで知られる病気です。
神経管閉鎖障害はアメリカや中国などの研究で、妊娠前から葉酸を摂取すると発生しにくくなるエビデンスが確認されています。

1日に400μgの葉酸摂取を行うことで神経管閉鎖障害の発生を減らせることは厚生労働省の資料でも明らかにされています。

赤ん坊の先天障害の確率を減らすためにも、妊婦の方は葉酸摂取を意識しましょう。